ねこけむり

イラストレーターさかもとすみよ(阪本純代)の、お仕事やイベントの告知など。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【やってみた】身長148cmで男役なれるかな(後編)

[前回までのあらすじ3行で]チビだけど男役やってみたい→白ふくろう舎さんがコスイベントやるよ!チビでも相談乗ってくれるよ!→神業カットとメイクで撮影にゴー!  ☆前回の様子はこちらです

…というわけで続きです。
こ う な り ま し た




だれだよお前!!wwwwww


どれくらい変わったかビフォーアフターでご覧ください。


少なくとも148cmから160cmぐらいにはなったんでは(撮影技術で)。おお。ありがたい…


と、いいつここで本来の男役さんと同じくらいの身長があるカメラマンkazuさんと並んでみましょう。


ちいさ!いや知ってるけど!(笑)

kazuさんには男役さんっぽくなるポーズをいろいろ教えていただきました。なるべく手の甲の筋をがつっと見せるようにすると男っぽくなるとか、立ち方にもいろいろあるそうです…がそんないきなり習得出来ませんのでもうフィギュアのごとく型だけkazuさんに作っていただき、あとはじっと!じっとしとく!ということでがんばりました。普段使わない筋肉をいっぱい使うよ!( ゚Д゚)翌日筋肉痛だよ!



撮影中に「スターさんの入りにファンがお花をプレゼントするごっこ」をやってみたりしましたwごっこだと言うのにえらい恐縮しまくって内股の巻。

ほかにもいろいろ撮っていただきました。あとはちょっとはずかしいので折り畳んでおきます。。。
見てやろうじゃないか、と言う方は「続きを読む」からどうぞ。
人生史上こんなにかっこよくしてもらったことはないと思います。やってよかったー。。。
続きを読む >>
notお仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

【やってみた】身長148cmで男役なれるかな(前編)

全国100万人の男役に憧れるチビのみなさんこんにちは。
宝塚やOSK、最近ならハウステンボス歌劇団等で華麗に舞う男役さんを見てキャーとか思っていますよね?いますでしょ?
で、憧れが高じて「あの格好を一度だけでもやってみたい!」という方にはそうした人向けの変身写真館がありますね。ええ。私もいちどやってみた〜い♡

…しかし…
この身長(148cm)でなれるもんなんかね…
貸し衣装とかさ…多分アンダー150cmのひと用のってないよねえ…?
そう思ったらなんとなく勇気が出ず、10年ぐらい過ぎておりました(どんだけ過ぎてんだ)。

そんな私の前に現れた救世主。
同業仲間の白ふくろう舎さん。
レトロ少女漫画イラストを描きつつ、自身もイベント等でお姫様のコスプレをする作家さんです。

彼女が「もっと多くの方にコスプレの楽しさを知ってもらいたい!」「アニメ系以外でも楽しめるコスプレっていろいろあるよ♪」ということで、リーズナブルにゴージャスなコスプレが出来るイベントを企画すると言うじゃないですか。

スタッフとして加わるのは舞台俳優&舞台メイク経験もあるフォトスタジオLumen Felisのお二人。しかも!小柄な人向けに7号の男役っぽいジャケットもありますよ、とな…!

…これはねえ、踊るアホウになってみるべきだろう、ということで参戦してきました。


<まずは形から>

折角やるなら髪型もそれっぽくしようと思い、よく行く美容院で相談してみました。店長さんもヅカファンですので安心です。ていうかノリノリです。



「折角だからまゆげも染めましょう!ぜひ!」ということで染めていただきました。おじいさん状態。




10年ぶりぐらいにショートヘアにしました。まるっきりすっぴんです。ここからメイクしてもらいます。
一応お伝えしますと年齢は不惑手前です。シミも白髪もありますよ。ええ。ヤフオクの取引とかでも瑕疵は先に言っておいた方がいいからな!


<メイクが神業すぎる>

メイクのhibikiさん登場。ていうかhibikiさん自身ほんとにお顔立ちからお肌からおきれいでね…エステティシャンもされてるそうですがなるほど、これだけおきれいな方なら説得力もあろうというものです。



ガウン+メイク鏡前、って「ア ビヤント」の安蘭けいさんっぽいぜ!(多分違うw)と細かいところでいちいち盛り上がるスタッフと客一同。それにしてもメイク、大変ですよ!デジタル絵描きで言えばレイヤー20は軽く超えるような工程ですよ(笑)!!これを毎日やるんだもんなあ本職の人は…



なんとなく本人の気分もそれっぽくなってきました。
「声がいいですよね!男役いけそうです!」とアゲていただいて思わず出たのは「色好みの痴れ者が!!」という「花の業平」の基経(香寿たつきさん)のセリフでした…(なぜw)(なんとなくマッシヴな男凝縮のセリフというと自分の中でこれだったらしい…)


<でけた>

おお?!
ちょっとそれっぽいんじゃない?!




というわけで後編に続きます。。。



☆参加したイベントはこちら
「白ふくろう舎のお姫様WEEK」
http://mail3282.wix.com/shirofukuro-week

☆お世話になった美容院さんはこちら
Candy Dream Salon
http://www.chgroup.jp/shop_part2/

☆フォトスタジオLumen Felisさんはこちら。
http://photo.lumenfelis.com





notお仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

元ネタの元ネタ

おつきあいのあるデザイン事務所の社長さんより、いいご本をいただきましたのよ。




「絵本の世界 110人のイラストレーター 第1集/第2集」 
堀内誠一編 福音館書店
(写真は第1集のみですが、第2集もいただきました)



初版本です♡おまけのフリーペーパーまで、きれいに揃った状態でいただきました。
いやもう、装丁から何から、ほんと引き込まれるよ!
掲載されてる昔の印刷物の存在感にも圧倒されるよ!
写研の書体(フォントとは呼ばないかんね)にじーんとするよ!
なんかねえ、こういう本を見ると、あーもー印刷物最高!って思いますね。。。


編者の堀内誠一さんはこの世界では誰もが知ってる超大御所。いま活躍中の若手作家にも、この人に影響を受けてるな、という人は結構居ますよね。私も妹に「ふらいぱんじいさん」とか読み聞かせた記憶があります。「ロボット・カミイ」も好きだったなあ。
この本、普通に「絵本の古典」の集大成としても楽しめますが、多くの作家に多大な影響を及ぼした堀内さんがどんな人から影響を受けたのか、そんな「元ネタの元ネタ」が覗ける貴重な本でもあります。


あと文章が落ち着いてて言葉がきれいね。
自分の文章がいかにネット寄りに騒々しく変質してしまったかを思い知らされましたよ。。。 時代も自分も変わっていく事は止められないし、ネットの文章にも良さはあるんですが、何かいろいろ考えさせられました。





この本以外にも、素敵なご本をたくさんいただきました。
おいしいものをいただくように、ちょっとずつ楽しみに読みます。Kさん、本当にありがとうございました。(重いものを梱包+発送していただいたFさんにも感謝です)

notお仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |