ねこけむり

イラストレーターさかもとすみよ(阪本純代)の、お仕事やイベントの告知など。
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

花王 クリアクリーンダブルプラス/ホワイトニングの広告で絵を描いてます

こちらの更新はめっちゃご無沙汰で。。。とほほほ。すみません。
TwitterFacebookは結構ちょいちょい書いてますんで、よかったらよろしくおねがいします)

花王 クリアクリーンダブルプラス/ホワイトニングの広告で絵を描いてます。主に電車のドアステッカー(JR/地下鉄/私鉄等)、ドラッグストア店頭等で12月頃まで見られるはずです。
制作会社の方によると「結構出稿されているようで電車でもよく見ますよ〜」とのことなんですが、見かけたらにやっとしてやってねー。一番苦労したのは食べ物の色!です!





JUGEMテーマ:アート・デザイン

お仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

吉祥寺パルコブックセンター『本を贈る展』に参加します

ついったーとFBではさんざんお知らせしてるんですが、こちらはいまさらのお知らせになってしまいすみません(>人<)
10/20〜11/8まで、パルコブックセンター吉祥寺店(吉祥寺パルコB2F)展示スペースにて開催される『イラストレーター6人による 本を贈る展』に参加します。
★パルコブックセンターさんの告知はこちらhttp://www.libro.jp/blog/pbc-kichijoji/event/post_62.php





私を含む6人のイラストレーターが「私が本を贈るなら」というテーマで作品の展示やプロデュースグッズ、吉祥寺をテーマにしたZINEの販売を行います(どちらかと言うと展示よりグッズ販売中心です)。




これはうちで販売するグッズの一部。肩掛けのエコバッグはほんとに使い勝手いいのでおすすめ。昨年の個展で好評だったTシャツの増産分も出しますよー。



★10/31と11/7はワークショップも開催します★
一緒にお絵描きして手作りしおりを作っちゃおう、というワークショップです。
絵を描くのが苦手という方は塗り絵するだけ!な素材もご用意してます。メンバー全員のイラストのぬり絵素材から選び放題!ラミネートするので丈夫なしおりができますよ♪老若男女(勿論お子さんと一緒でも)誰でも楽に参加出来る内容ですのであそびにきてくださいー。

お申し込みはパルコブックセンター(TEL. 0422-21-8122)にお電話、または私に直に言っていただくのでも。
【追記】明日10/31(土)の13時〜は満席となりました。15時〜は若干お席がございます。来週11/7はまだ余裕あります!



★ワークショップ含めパルコブックセンターさんの告知ページはこちらです。
http://www.libro.jp/blog/pbc-kichijoji/event/post_62.php


現在会期半分程度すぎちゃったんですが、今回グッズは史上最高にいい感じなのでぜひ見ていただければ!よろしくおねがいします♪


JUGEMテーマ:アート・デザイン

★2015.10〜11 本を贈る展(企画展)★ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

企画展『少女小説』ご報告とおまけストーリー

(※諸事情あり24日付けの記事ですが公開は26日0:00です。)

ご報告が遅れましたが、スペースユイさんの企画展『少女小説』、無事終了いたしました。

<会期と会場はこちらでした>
青山 スペースユイ>2015/6/29〜7/8
(巡回展)横浜市 ユイガーデン>2015/7/13〜25
*スペースユイHPでの詳細ご案内はこちらです。

17人の作家が0号カンバス3点に「少女」をテーマとして自由に描く、というものでした。17人17様の絵が華やかな、素敵な展覧会になりました。お題ありきで絵を描くというのはイラストレーターの職能としてかなり大事な部分ですし、「17人のお題の消化のしかた」が一堂に並ぶという意味でも意義深かったかも。
おいでいただいた皆様、ご支援いただきました皆様、ありがとうございました。

****



展示していた絵のうち1枚をUPしておきます。
「翼と腕」というタイトルでの連作でした。
ニジンスキーの生涯を描いた『牧神の午後』(作/山岸凉子)の「翼を持ったものには腕がない、腕がある者には翼がない」という言葉からインスパイアされて描いたものです。(ニジンスキーや漫画とは直接的には繋がりが無く、ただこの言葉だけからイメージを起こした感じです)

****



そしてお運びいただいた方で、ご住所がわかる方にはお礼も兼ねてこちらの絵のポストカードをお送りしております。展示していたイラストの続編的な絵です。
以下は展示の絵と今回の絵を繋ぐ軽い物語です。なんとなくこういう世界観でした、ということで。


少女の翼からは羽がすっかり抜け、かわりにすんなりとした腕があらわれました。それは同時に、巣立ちの時を意味しました。

ほんとうに大事なものだけ、トランクにつめていきなさいと言われましたが、少女が選ぶものはほとんどすべて、おとなたちからすると大事なものではないというのです。
けっきょくあらかたおとなたちの言う通りのものをつめることになりましたが、少女は自分の選んだものも少しだけ、こっそりつめる事にしました。枕元にかざっていたかえるのぬいぐるみ、お気に入りの音楽をかなでるオルゴールの箱、ちいさなころに何度も読んだ絵本…。

何十年、何百年ものあいだ、たくさんの少女たちがはじめての船出をしてきた入り江に、しろい小船をうかべました。ロバが1頭、おともをすることがならわしです。
朝もやの中を船はしずしずと岸をはなれました。
ここからひとりでオールをこいでゆくのです。

最初はこいでもこいでも、進んだ気がしませんでした。
背中にはいつまでもふるさとの陸(おか)がおおきくはりついていて、このまま陸が見えなくなってしまうことなんて一生ないんじゃないかしら、とさえ思いました。
もちろんそんなことはなく、日が沈むまでこぎつづけた頃ふっとふりかえると、陸はいつのまにか見えなくなっていました。
凪いだ水面が、夕焼けの残り火にわずかに染まっていました。
ロバがぶるう、とためいきをつきました。



JUGEMテーマ:アート・デザイン


★2015.6〜7 少女小説(企画展)★ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

サントリー スマホサイトのお仕事

サントリー スマートフォンサイト 環境負荷低減活動のコーナーでキャラクターとイラストを担当しました。
サイトはこちら↓
http://mobile.suntory.co.jp/eco/teigen/

【!】現在スマホかタブレットでのみ見られます。
PCでは見られません(PC専用サイトに自動的に移動してしまいます)のでご注意ください。



「PCしかないから見られない!」というひとの為に、イラストの一部をお見せします。未来と過去を自由に旅する水の妖精、という設定です。基調カラーは青とサントリーのコーポレートカラー(若干黄味がかった水色)です。






パノラマ絵はあえてカラーラフのざっくりした雰囲気がいい、ということでそのまま納品になりました。




スマホかタブレットを持ってるみなさま、よかったらサイト内の「このサイトに関するご意見・ご感想をお願いします」というキャラアイコンをタッチして、感想など送ってくださるとありがたいです。PC版サイトや他の媒体にもキャラ出したげて!とか、そういうご要望もぜひ(笑)。よろしくお願いします。サイトのアドレスをもっかい貼っておきます。
http://mobile.suntory.co.jp/eco/teigen/

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

2015年冬〜春のおしごとダイジェスト(書籍)

いいかげんHP本体の方もちゃんと更新しなきゃなのですが、とりあえず最近のお仕事のまとめを載せておきます。
教育系のお仕事は春リリースのものが多いもんで、どっさりありますよー。


■『さがしてみよう! まちのしごと(全6巻) 6巻「学校・図書館のしごと」』(小峰書店)






本文イラストを担当しました。「学校・図書館」といいつサッカースタジアムやテレビ局、動物園なども描いています。昨年の講談社『きもちをつたえる ことばのえほん』に続きフルアナログの優しい絵です。
小峰書店のページはこちら。


■『新 やさしい こうさく(全12巻) 1巻「新聞紙でつくろう!」9巻「スチロールでつくろう!」』(小峰書店)



カバー&本文イラストを担当しました。やわらかい絵で楽しく工作の作り方を図説します。
個人的には「新聞紙」の上部中央に居るヌンチャク猫がお気に入りです。ドヤってる(笑)
小峰書店のページはこちら。



■『これならわかる! Java入門講座』(秀和システム)


キャラクターイラストと装丁デザインを担当しました。なんだかんだでシリーズ8作目。javaだけにコーヒー色。
秀和システムのページはこちら。


■『こどもあんぜん図鑑』(講談社)




災害や犯罪、交通安全など、子どもの身の回りで起こりうる様々なことから身を守るにはどうしたら良いか、親と一緒に学ぶための本です。1交通安全 2生活安全 3防災 4防犯の4つの章のうち、私は3の「防災」のイラストを担当しています。
講談社のページはこちら。


JUGEMテーマ:アート・デザイン

お仕事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |